fc2ブログ

130.メンテナンス -ジェベ公の心音改善作業 Part1-

もともと
エンジンが五月蠅いコトには定評があるA^_^;)DJEBELだけど
ウチのジェベ公もある時から急に異音が気になり出して
気になり出したら
コダワリ屋のおれは何かしないと居ても立ってもおられず
自分の手で出来る範囲で何とかしようと
果敢にも挑戦するワケで・・・


先ずは定番のタペット調整や・・・

それでダメならもうちょっとダケヨ~んと

カムチェーンテンショナーを交換してみたものの・・・

状態は変わらずで・・・
実はもうこの時点でイケナイ世界に踏み込んでしまっていて
もうイクところまでイッチャイたい誘惑にソソラレテしまっているのです・・・。

カムチェーンテンショナーを交換しても異音が治まらなかったので
貫通ドライバーを耳に当てて
シリンダーヘッドの方から順に下へクランクケースまでジェベ公の心音を確認してみると・・・
どんなに他を怪しいと疑ってみたところで
シリンダーの最下部のジェネレータ側(車体に跨って左側)の
199㎤って浮彫にされているベースの少し上の前側の音が
どうしても大きく聞こえ
その聞こえ方は

・・・チガウチガウコッチコッチコッチコッチココダヨコッチコッチコッチコッチチガウチガウ・・・

くらいハッキリと同じ場所から集中して異音が聞こえていました。

“やっぱ前回のカムチェーンテンショナー交換の時に交換出来なかった
 カムチェーンガイドが怪しいなぁ・・・”

“それとカムチェーンが緩くって
 カムチェーンテンショナーアジャスターが伸びきってたのも気になるしなぁ・・・”

ってか
もうそこしかないっしょ!

てな勢いで
昨年暮れには部品を揃えて
何時ヤル?
何時ヤル?
何時ヤル?
何時ヤル?
ってタイミングを見計っていたんだけど
色々と野暮用が多い上に
なんつっても寒過ぎてなかなか手出し出来ずにいました。

そうこうしていると
マフラーとシリンダーヘッドの繋ぎ目の
エキゾーストガスケットを買い忘れていることに気付いて
買い足したり・・・

そんなコトしてると
絶交のチャンスがやって来ました!!

天気予報で2/11頃から気温が急激に上昇し
季節外れの天気になるとの予報!!

これが待ってたチャンスっしょ!!

さぁやっちゃうよ~!


2/11はいつもより少し早起きして作業に掛かりま・・・

ぜんぜん暖かくない・・・(T_T)

でもヤルと決めたからには意を決して取り掛かります。

先ずは使いそうな道具を全部用意。

20160211-1工具.jpg

仕事柄
工具は何でも揃います。

ではまずは当然ですがオイルを抜きます。

20160211-2オイル抜き.jpg

オイルを抜いている間に
これから緩めるであろうナットにCRCを吹き付けておきました。

次はもう手慣れた
シート、サイドカバー、タンク、キャブの取り外し。

20160211-3シート、タンク、カバー、キャブ脱.jpg

この作業
前は7分で完了出来たけど
何故か今回はキャブの取り外しに少し手間取って
15分くらい掛かってしまいました。


そしてエンジンアッパーマウントを取り外して
シリンダーヘッドカバーを取り外そうとしたんだけど
前回組んでから間もないからか
液体パッキンでガッチガチに接着されてて
ビクともしません。

30分くらい格闘の末
アッパーマウントホール部に横から木槌を当てて
その木槌を鉄ハンマーでガツンッ!!とやると

バカン!!

と結構な勢いと音でヘッドカバーが口を開けました。

そしてまたまたお目見え
ジェベ公の脳ミソちゃん

20160211-4シリンダーヘッドカバー脱.jpg

そして
カムチェーンスプロケットを外すために
回り止め爪付のワッシャープレートの爪を見た時に
このエンジンは以前にもバラされているコトに気付きました。

爪をマイナスドライバーで叩いた跡があるし
スプロケットに“上”ってマーカーで書いてるもん(^_^;)

20160211-5カムチェーンスプロケット脱.jpg

そしてカムチェーンテンショナーアジャスターを外して
前回交換したカムチェーンテンショナーを取り外し。

当然そんなに消耗はしていません。
20160211-7テンショナー.jpg

そしてシリンダーヘッドを外す前にマフラーを外すのですが
エキパイとマフラーのジョイント部を外そうと考えた場合
ガスケットという部品が余分に必要になるし
サッビ錆で簡単には外れてくれそうになさそうなので
ズラして移動するだけで作業することにしました。

20160211-8マフラー脱.jpg

分解の詳細は他のサイトで見れるので割愛しますが
つぎはシリンダーヘッドの取り外し。

20160211-9シリンダーヘッド脱.jpg

これは何の苦労もなく簡単に外れました。
強いて挙げるならシリンダーヘッドを持ち上げた時
上のフレームに当たってちょっと抜き難いですね。
フレキホースを自由にしておかないと
寸切りボルトを交わす所まで上げることは出来ません。

これがここまでの取り外し部品。

20160211-10脱部品.jpg

そう言えば
前回タペット調整をやった際にちょっとやらかしてしまって
ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ!!!!

って言わせているので
バルブの変形とかがないか気になってたんだけど
シリンダーヘッドを外してピストンヘッドを見た時は
ショージキ焦りましたよ。

だって一見した時はてっきり凹んでしまってるんだと思ったんですから!

20160211-11ピストンヘッド凹み.jpg

でも念のためWEBで検索した写真を確認してみると
他のジェベ公のピストンヘッドも同じ形状になっていました。

っつーコトは・・・そうかただのバルブの逃がし形状だったのか・・・・
ったく焦ったぜ!
っと言っても今回は交換するつもりは毛頭なかったけど。A^_^;)

そして今回の第一目標のカムチェーンガイドが現れました!

そりゃこの形状じゃシリンダーヘッド分解しないと外れないわな。

20160211-12カムチェーンガイド.jpg

外してみると・・・

レレ?
全然消耗してない・・・

20160211-13チェーンガイド脱.jpg

これには期待外れでした・・・
消耗してもっとボロボロのペンペンになっているの想像してたのに・・・

ガイドの方はそんなに消耗するもんじゃないのかなぁ・・・
それともまえのオーナー時代にバラした時に交換したのかな・・・

コレにはホントにガッカリしました。( ̄Д ̄ ;)

シリンダーヘッドをバラすと
シリンダーヘッドとシリンダーの位置決めピンの代わりにノックピンが入っています。

写真手前の寸切りの下側に着いているパイプ状の部品だけど
このノックピンはスコスコと抜けたので紛失に要注意ですね。

対角線上のノックピンはシリンダーヘッド裏側に着いていて
こちらは抜けて来ませんでした。

20160211-14ノックピン.jpg

ピストンヘッドにはカーボンが多量に付着していたけど
こんなもの剥がしたところで
現状維持だとまた同じように付着するので
コンナモノとして無視します!

20160211-15ピストンヘッド.jpg

シリンダーヘッド裏とバルブも然り。

中途半端に弄ると
当たりが変わってしまって圧縮漏れの原因になるので無視します!

心配したバルブ形状の変形も見られません。

20160211-16バルブ裏.jpg

ジェネレーターカバーをはず為に
先ずはスプロケットカバーを外したんだけど
泥やグリスやゴミが堆積してエライことになっています。

これもまたどうせ元に戻るだろうけど
一応取り付け前に粗方の堆積物は除去しようと思います。

20160211-17スプロケットカバー裏.jpg

そして
ジェネレーターカバーを外すと・・・

20160211-18ジェネレーターカバー脱.jpg

あらま・・・・以外にキレイ。

ここで少し悩みました・・・。

ジェネレーターカバーを取り外すベッキーじゃなくってべきか・・・
養生してぶら下げて作業すべきか・・・

でもよく見るとカバーとエンジンの合わせ面のガスケットが
ガッチガチにくっついていて
ガスケットを剥がそうとするとバリバリに砕けてしまうので
どうせ外してガスケット剥がしと手入れをする必要があります。

なので
ケーブルを辿ってコネクタを外した後順にケーブルを外して
カバーを外しました。

20160211-19ジェネレーターカバー脱.jpg

そして
フライホイールナットを取り外して・・・

フライホイールの合マークにもマーカーでペイントされてますねぇ
やっぱ間違いなく以前分解してジェネレーターカバーまで開けられているようです。

20160211-20フライホールナット脱.jpg

ここで
今回購入したただ一つの工具
フライホイールプーラーです。

プーラーは使用頻度から考えると
SUZUKI純正は高くて買えません。

かと言ってジェベ公のフライホイールのプーラー用ネジはM30×P1.5の細目なので
汎用品も見つからず
ようやく見つけたのが別の車種の専用品。

20160211-21フライホイールプーラー.jpg

何も気にせずプーラーをねじ込んで・・・

20160211-22フライホイールプーラー着.jpg

WEBで検索すると
フライホイールを外す前にテーパー部をドライヤーで温めないと外れない・・・
と良く書かれているので
一応収縮チューブ用のヒートガンを用意してたんだけど
取りあえずは本当に外れないのか試してみます。

450mmのモンキーとロングスピナーハンドルを使って
様子を見ながら・・・でも男らしくグイッと力を入れます。
(フツ―、一般家庭にこんなドデカ工具ないですよね。
でもフラーホイールの脱着にはこのくらいの工具が合った方が安心です。)

この辺は仕事柄
大型機械のギヤボックスのメンテナンスなんてコトをやっているので
嵌め合っている部品を外すときの
力加減ってのが大体分かってるつもりで・・・

バキンッ!! Σ(゚д゚lll)

ち、ちょっとビビッたぜ・・・

テーパーで嵌め合っているから外れる時は一気に外れるんですね・・・。

もうちょっと
カキコキ、カキコキ・・・みたいに外れるもんだと思ってたからさぁ・・・。

でも楽勝楽勝!
この時はそんな風に考えていたんだけど
後であんな苦労をするとは露知らず・・・

20160211-23フライホイール脱.jpg

フライホイールを外して
クランクケースの底に残っているオイルを拭き取りながら
異物が無いか観察しましたがキレイなもんでした。

ここで気づいたのが
クランクケース底面にある小さな打痕です。

ココにこんな打痕が付くということは
以前の分解でもフライホイールを外してますね・・・

う~むむむむ・・・
どんな作業をされたのか知りたいなぁ・・・

20160211-24打痕.jpg

そして
ようやくカムチェーンの交換です。

この時点でもう15:00くらいだったので
この後組み上げる作業は暗くなるまで掛かることを覚悟しました・・・A^_^;)

どうせチェーン交換するのに
カムチェーンにロープを結んでおいたのは
途中で作業が頓挫した場合に “ああ・・・チェーンが・・・「チェ――――ン!Come back!!」”
なんてコトにならないように考えたのと
交換の際に
こんな風にチェーンをクランクケース側に引っ張り出して
ロープを一緒に通してNEWチェーンを通し易くするためでした。

20160211-25カムチェーン脱.jpg

これが新しいチェーン。

包装紙に素手で触るな的なことが書かれているけど
なんかややこしい内容で
こちとら焦ってるから考えてるヒマもないので
気にせずバリバリっと破って中身を取り出しました。

20160211-26カムチェーンNEW.jpg

OLD-NEWを上下に並べてみると・・・

ええ~・・・
あんまり変わらんやぁ~ん・・・

これにもショージキちょっとガッカリ・・・

20160211-27カムチェーン比較.jpg

一端をピシっと揃えて
反対側へ辿っていくと

20160211-28カムチェーン比較.jpg

どうでしょう・・・
ビミョ~だけど確実に0.5コマくらいは伸びています・・・。

うーむむむ・・・これが交換時期か?と聞かれると
ショージキまだまだイケそうな気がします・・・。

上:OLD 下:NEW
20160211-29カムチェーン比較.jpg

チェーン交換後
フライホイールを取り付けて
ナットを・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´∀`||;)

な・・・ナットが入りましぇん・・・

なんで・・?????????

試しにナットを裏返してみましたが・・・・・な・・・ナットが入りましぇん・・・(TдT)

も・・・もしや・・・

20160211-23_1フライホイールプーラー先端.jpg

なんでプーラーの押しボルトの先にテーパー切ってないんだヨ―――――――!!!!

慣れた作業のつもりで確認せずに締め込んだので
全く気付いていませんでした・・・

フライホール先端のボルト径よりもプーラーのボルト径の方が太い上
プーラーのボルトの先が凹み形状になっているので
コイツにグリグリグリと押されたフライホール先端のボルトの頭のネジ山が潰れてしまったんです・・・

不覚・・・

他車用だったのでそまま使用せずにもう少し事前にチェックすべきでした・・・
そしたらプーラーのボルトの先をテーパーに削るとか・・・
ボルトとボルトの間にベアリングのボールを噛ますとか・・・
そんな対応が出来たはずです。

そして・・・

この潰れたネジ山をどうするか・・・                      ・・・To Be Continued.

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どこが悪くなっているのかなんて、よく分からない事がありますよね。こんな高度な事は私には出来そうにありませんがσ(^_^;)
ネジ山が潰れた状態からどう逆転するのか、続きを楽しみにしています。

Re: No title

珍走様

ホントにあん時はどうなるものかと思いましたよA^_^;)

メンテンナンスをやっている最中に窮地に陥った場合は
慌てたりあれこれ考え過ぎたりせずに
時間が掛かることを承知でとりあえずやれることから手を着けてみる・・・

長年メンテナンスの仕事にたずさわって来たことで得た教訓です。

今回もそれに助けられましたが・・・

乞うご期待!!

No title

スタータークラッチの交換をするべくさまよっておりましたところたどり着きました。
同じフライホイールプーラーを買ったところでした。
知恵をお借りして2~3mmくらいのベアリングボールが手持ちにありますので入れてみます。
ありがとうございました。

Re: 130.メンテナンス -ジェベ公の心音改善作業 Part1-

初めまして!
コメントありがとうございます^_^

結論から申し上げますと
ベアリングでもダメでした。
かなりの圧力が掛かるので
ベアリングがめり込む様な状態で
外側に圧力が掛かって結局広がって
しまいました。
当時のコトはもう記憶が薄れていますが
それだけは覚えでいます。

代替案を考えた方が良いかと、、、




プロフィール

syodan

Author:syodan
Birth : 1968
Sex : Man
Blood : A
Hobby : Camping,Karate ...etc
Blog start : 2012.8.25
--------------------------------------
syodanの別ブログ
『波乱万丈 My Happy Life』
から派生したブログで~す。
ジェベ公との旅
キャンプ全般の記事をUpします。

趣味嗜好を盛り込みますので
驚嘆共感していただければ幸いです。
--------------------------------------

ブログランキング

FC2Blog Ranking



①↑この上にポインタを重ねる
②マウスの左ボタンに人さし指を乗せる
③ちょっとビクッ!としてみる
④ある人に少しの幸せが訪れる
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
What time?
Day by Day
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事


記事の一覧表示
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
これまでのアクセス
現在のアクセス
現在の閲覧者数:
リンク
************************
************************









アフィリエイト



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR